外国個人の株式投資が解禁されたインドを見ていきます。


by indian-kabu

インド、小売分野を外資に開放

Financial Times 紙1/10/2012は、インド国会が、小売分野で100%外国資本を容認することで合意に至ったと報じている。自由化の動きで、IkeaやAdidas、Marks & Spencerなどの世界的小売企業が、現地のパートナー無しに単独で小売業を展開することができる。

外国資本単独の小売参入の解禁は、インドの小売業も歓迎している。自由化により、経済ムードが明るくなるという。インド最大の小売企業のBharti Enterpriseの経営幹部は、外国ブランド単独での投資が増えることで、消費者の選択肢が増えるだけでなく、世界的デザインや技術、経営手法へのアクセスを通じて、インド企業の競争力を高めることになると語っている。

スェーデン企業のIkeaは、インドでの拠点はなかったが、度々、アジア第三位のインドでの出店を語っていた。IkeaのCEOのOhlsson氏は、インドでは開店したい。インドで安い良質の家具のニーズはあると語っている。

この自由化の動きは、インドの小規模企業も恩恵を受ける。世界的小売企業は、少なくとも30%の製品をインドの小規模家内企業から調達する条件があるからである。(by インド株ドットコム)


以下のボタンを押して、応援お願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by indian-kabu | 2012-01-12 16:33 | 投資環境