外国個人の株式投資が解禁されたインドを見ていきます。


by indian-kabu

インドは底か?

a0248962_19395724.jpg

Financial Times紙5/17/2012は、インド経済の逆風にもかかわらず、インド株で利益を上げることは可能であると報じている。BNP Paribasによれば、通貨ルピー安、インフレの再燃、工業生産の収縮でインドには逆風が吹いている。しかし、株式の個別を見ていけばよい銘柄もあるという。

逆風が多い中でポジティブな面もある。商品価格の低下で輸入インフレが低下し、経常赤字や財政赤字を縮小させる可能性がある。政府は、投資家を混乱させる租税回避防止法を再検討する見込みである。中央銀行がルピーを支える方針を強化する予定である。株式の一部には割安になっている銘柄もある。
株式の評価については、PERや益利回り、期待利益成長の面で見ると、過去の例で底が近いとの見方ができるという。

まず、PERでは、現在は12倍である。過去のチャートで見れば、このレベルで反転する可能性もある。益利回りでは、現在は8.2%で、10年物国債の8.53%に近くなっている。利回りの差は0.37%で通常反転するレベルである。勿論、まだ下落する可能性はある。過去における最低は4.9%である。期待利益成長は、リスクフリーのレベルを大きく下回っている。歴史的にも底に近い。

この状態の中でのインド株の投資戦略は3つある。1.優良銘柄で割安に投資、2.市場価格に遅れている銘柄、3.市場が回復するというシナリオ投資である。

1は市場の弱気にも関わらず企業として収益も良く経営、開示が良い企業に投資する。Hero Motocorp、Tata Motors、Mahindra、Idea Cellular、PwoerGrid、Cairn Indiaなどがある。2はSENSEXが10,000の状態のレベルの株価の企業がある。L&TやSAIL、NTPCなどがある。3は、市場が底を打ったとする戦略で購入する銘柄である。ICICI Bank、State Bank of India、Wiproなどがある。

(by インド株ドットコム)


以下のボタンを押して、応援お願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by indian-kabu | 2012-05-19 19:39 | 証券市場