外国個人の株式投資が解禁されたインドを見ていきます。


by indian-kabu

インド、新たな取引所スタート

Financial Times 紙2/10/2013は、インドの証券市場でこれまでの2つの取引所に加えて新たにMCX-SX取引所がスタートしたと報じている。同取引所は1,100の株式銘柄とフューチャーやオプションなどのデリバティブを取扱い、独自の株価指数のSX-40を創設する。

MCX-SXは、多種の商品取引所で、現在インドでBombay取引所(BSE)とNational証券取引所(NSE)の2大独占の状況に風穴をあける可能性も出てきている。BSEは5,100社が上場していて、NSEの5倍の企業数が上場している。しかし、取引額や取引数で言えば、NSEはBSEの4倍になっている。

(by インド株ドットコム)


以下のボタンを押して、応援お願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by indian-kabu | 2013-02-17 11:45 | 証券市場