外国個人の株式投資が解禁されたインドを見ていきます。


by indian-kabu

外国人の売りで、インドルピー歴史的安

South China Morning Post紙8/29/2013は、インドのルピーが1ドル=68ルピーをつける歴史的安になっていると報じている。外国人の売りが続けば経済にもかなりの影響を及ぼす。必要な構造改革をインド政府が行わなければ、債務不履行、通貨切り下げ、デフレの選択肢を採ることになると指摘する専門家もいる。

外国人は8日連続で10億ドルの株式を売った。心理的な1ドル70ルピーを超えることもあり得るとされている。インドは高い経常収支の赤字で外国からの投資を必要としている。BNPはインドの成長見通しを5.2%から3.7%に下方修正している。この低成長はインドが国際収支の危機であった1991~1992年以来である。

今年になって通貨ルピーは19%安で、外国人投資家は7月以来35億ドルの株式を売っている。しかし、合計では120億ドルの買い越しではある。

(by インド株ドットコム)


以下のボタンを押して、応援お願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by indian-kabu | 2013-08-29 14:19 | 経済